ライフハック・ブログ

ライフハックとAndroidアプリで人生を加速するブログです。ライフハックのためのAndroidアプリの開発も行なっています。

ライフハック大全曰く、プログラミングは「時間を生み出す究極の修行」

f:id:ayb:20180102074732j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。「ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250」を再読しています。その中にプログラミングは「時間を生み出す究極の修行」であるという記述があったので、紹介してみます。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

多くの人がITスキルを習得した今日において、パソコンで作業を実行できるというだけではなかなか差を生み出すことはできません。そこで、手で行うと何時間もかかるような作業をスクリプト言語やツールを駆使して桁違いに少ない時間で実行できれば、その分の時間を時短に使うことも、別の作業にあてることもできます。(出典:ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250)

私の例で言いますと、天鳳というオンライン麻雀のWebサイトがあるんですが、ここから1年分の牌譜(麻雀の記録)データを、プログラムを書いてダウンロードしたことがあります。手作業でやっていたのでは何年経っても終わらない作業ですが、プログラムが書ければこのような作業を自動化して、例えば麻雀を打つなど、他の有意義なことに時間をあてることができるようになります。

問題はプログラミングを学ぶ時間ですが、最近は環境構築も楽になり、また無料の資料も多く出回っています。動画で環境構築から優しく教えてくれるサイトもあります。有名なところではドットインストールなどが存在します。私もかつてお世話になりました。

また、このようなテーマを扱った本としては、「退屈なことはPythonにやらせよう ノンプログラマーにもできる自動化プログラミング」があります。私は未読ですが、有名な本のようです。

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

プログラムを書けるようになればいろいろなことが自動化できて楽できるようになるんですが、プログラミングはそれ自体が楽しいのでオススメです!あんまりハマりすぎるとプログラマーに転職したくなってしまうので気をつけてください。私がそうでした。

AndroidアプリのドキュメントスキャナーはもうDropboxで良さそう。クラウドへのアップロードも自動でOK

f:id:ayb:20190417220630j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。手書きのメモをスキャンして画像として保存したい時ってありますよね。私はありました。そんな時にスマホアプリでメモをスキャンして、画像をクラウドに上げられると便利です。Dropboxアプリならそれが一発でできます。もうドキュメントスキャナーはDropboxアプリでいいんじゃないかな、と思ったので使い方を紹介します。

play.google.com

Dropboxアプリでドキュメントスキャンする手順

まずはDropboxアプリにログインしてください。ログインしたらアプリを起動して、右下のボタンを推します。

すると以下の画像のような画面が表示されるので、「ドキュメントのスキャン」を選択します。

ドキュメントをスキャン
「ドキュメントをスキャン」を選択する

カメラが立ち上がるので、手書きのメモを撮影します。この時にDropboxがメモを認識してくれて、青色の資格でメモを囲ってくれます。うまく認識されているタイミングでメモを撮影しましょう。

ドキュメントのスキャン中
ドキュメントのスキャン中

プレビュー画面です。手書きのメモをうまく認識してくれました。台形補正もいい感じにやってくれています。この画面で、うまく認識されていなければやり直しが可能です。うまく認識されていれば、右上の矢印を押して次の画面に進みます。

台形補正してくれます
台形補正してくれます

ファイル名を指定して保存することができます。ファイル形式はPDFとJPEGから選択できます。PDFにもしてくれるのはいいですね。書類のスキャンに活躍しそうです。

保存形式はPDFかJPEG
保存形式はPDFかJPEG

できあがった画像はこんな感じです。とてもいい感じにスキャンできていますね。Dropboxのアプリですので、当然クラウドにアップロードされています。便利です。

スキャンした結果
スキャンした結果

まとめ

AndroidアプリのDropboxで手書きのメモをスキャンすることができました。PDFやJPEGで保存できる上、クラウドへのアップロードも自動でしてくれてとても便利です。もうAndroidアプリのドキュメントスキャナーはDropboxでいいんじゃないかな、と思いました。

play.google.com

技術書典6に行ってきたので、戦利品をまとめます #技術書典

f:id:ayb:20190406123610j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。「技術書版コミケ」こと「技術書典」というイベントがあるのですが、その6回目である「技術書典6」が本日(2019年4月14日)開催されました。私も一般参加で参加してきました。いやー、最高ですね。運営の方々やサークルの方々、最高のイベントをありがとうございました。

techbookfest.org

技術書典6

技術書典6の会場は池袋でした。慣れない土地ということもあって早め(開場1時間半前)に到着したんですが、既に長蛇の列ができていました。皆さん、気合が入っていますね。開場後2時間は有料での入場ということで、もう少し混雑が緩和されているかなと思いましたが、そうでもなかったです。開場後はスムーズに入場できて良かったです。

技術書典6の戦利品

技術書典6での戦利品は以下のとおりです(順番は適当です)。今回は私が興味を持っているモバイルアプリ開発、特にAndroidアプリ開発に関する薄い本が少なめな気がしました。それを差し引いても面白そうな本がたくさんあって良かったです。

  • エンジニアの心を整える技術 誰でも実践できる心のリファクタリング術
  • 旅するエンジニア
  • マンガでわかるRuby (1)
  • 1人チーム本 ノウハウなしでも1人でなんとかなるReact Native Expoを使ったアプリの開発環境構築 / ビルド / デプロイ / 運用
  • Love Swift & Kotlin
  • 現場に導入するためのiOSアプリテスト
  • 受託開発会社のための初めての自社プロダクト開発
  • エンジニアからはじめる、デザイン改革
  • チームでつくるRESTful API
  • 英語で広がる開発者のキャリア
  • ブログを書こう ブログを書く技術
  • 継続的にアウトプットする技術 エンジニアのための「続けられる」科学
  • Markdownで技術同人誌を書こう
  • 雰囲気でOAuth2.0を使っているエンジニアがOAuth2.0を整理して理解できる本
  • RubyとRailsの学習ガイド
  • Bitriseで始めるAndroid CI環境

全部で16冊の薄い本を買っていました。1冊1,000円で計算すると16,000円の計算です。このお金でこれだけ多岐にわたる知識が得られるなら、安いものです。ちなみに、一番欲しかった本はサークル主さんの寝坊により、買うことができませんでした。

まとめ

技術書典6、控えめに言っても最高でした。技術書の収集が趣味の私としては、他に代え難い魅力を持ったイベントです。繰り返しになりますが、運営の方々やサークルの方々、最高のイベントをありがとうございました。技術書典、また参加したいです。

Androidアプリ「シンプルToDo:シンプルで使いやすいToDoリスト」をリリースしてました

f:id:ayb:20190412231022j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。Androidアプリ「シンプルToDo:シンプルで使いやすいToDoリスト」をリリースしていました。その名のとおり、シンプルで使いやすいToDoリストになっていると思いますので、ご利用いただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

play.google.com

ToDoリストにかける想い

私は、ToDoリストのアプリをヘビーユースしています。TwitterやGmailの次くらいにToDoリストのアプリを使っていると思います。某ToDoリストには課金もしています。いろいろなToDoリストのアプリを使っている中で思うのが、「もっとシンプルで、使いやすくできるのではないか?」ということです。

まあ、開発しているうちにどんどん機能が増えてくるのは分からないでもないんです。ですが、機能が多すぎて、使いこなすのが大変になっていやしないか?と思うわけです。私もこれだけToDoリストを使っているんですが、使っているToDoリストの全ての機能は使えておりません。

ToDoリストは、もっとシンプルでいいのではないか。その方が、ToDoリストの持つ力をもっと発揮できるのではないか。その方が、もっと多くの人にToDoリストを使ってもらえるのではないか。そのように思うわけです。

シンプルToDoにかける想い

そのような想いから生まれたのが、「シンプルToDo:シンプルで使いやすいToDoリスト」です。ToDoリストとしては、本当に最小限の機能しかありません。カテゴリ分けもできませんし、リマインダー機能もついていません。

シンプルToDoは、いわば、ToDoリストのエントリーモデルなのです。必要最小限の機能で、まずはToDoリストの持つ力を知っていただきたい。そのように考えている次第です。

もちろん、ただToDoリストを作ったから使ってね、というレベルで終わるつもりはありません。きちんと、ToDoリストの活用方法を本ブログにおいて書いていくつもりです。ToDoリストの持つパワーを、もっと多くの人に知ってもらいたいからです。

まとめ

Androidアプリ「シンプルToDo:シンプルで使いやすいToDoリスト」をリリースいたしました。シンプルToDoは、ToDoリストのエントリーモデルです。ToDoリストを使うのははじめて、という方にも使いやすいアプリになっています。

play.google.com

また、本ブログでは、ToDoリストの活用方法についても書いていこうと思っていますので、引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

ストレングスファインダー2.0で自分の強みを分析しよう!ストレングスファインダー2.0を受けてみた結果

f:id:ayb:20190406123117j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。書店をうろついていたところ、ストレングスファインダー2.0が目についたので、早速購入して自分の強みを分析してみました。ストレングスファインダーは10年以上前に1度受けているんですが、ストレングスファインダー2.0は始めて受けました。自分を分析するというのは、楽しいものですね。2000円は安い買い物だと思います。

これからストレングスファインダー2.0を受けて、自分の強みを分析してみたい!という方は、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」を書いましょう。書籍にシリアルコードが付いていて、ストレングスファインダー2.0を1回だけ受けられます。中古で買ってしまうと、シリアルコードが使用済みだったりしてストレングスファインダー2.0を受けることができません。ご注意ください!

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー®は「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という故ドン・クリフトンの考え方に基づいて開発されました。ストレングスファインダー®の開発にあたってギャラップ社では、強みを見つけていくために、人がもつ様々な才能をあらゆる角度から抽出し、それらを最も共通性のある性質で分類(クラスター化)していきました。最終的にそれらは34の資質として特定され、各資質にはその資質の特徴を表す名前が付けられました。ストレングスファインダー®を受けると、あなたの中でその34の資質がどういう強さの順番で現れるのかがわかります。(出典:ストレングスファインダー®とは | ストレングス・ラボ / ストレングスファインダーを使った企業研修及び個人講座、人材育成

ストレングスファインダー2.0の分析結果

気になるストレングスファインダー2.0の分析結果は、上位の強みから、以下のとおりでした。ストレングスファインダーの説明では、持って生まれた強みは変わらないものと説明されていた気がしますが、上位5個の強みは10年前の結果から半数が入れ替わっていました。

  1. 最上志向:「最上志向」の資質が高い人は、個人や集団の卓越性を高める手段として、強みに注目します。優れたものを最高レベルのものに変えようとします。
  2. 内省:「内省」の資質が高い人は、知的な活動に多くの時間を費やします。内省的で、知的な議論が好きです。
  3. 収集心:「収集心」の資質が高い人は、収集や蓄積を必要とします。その対象には、情報、アイデア、人工物だけでなく、人間関係も含まれる場合があります。
  4. 未来志向:「未来志向」の資質が高い人は、未来と未来にできることを心に描くことで、ひらめきを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々にエネルギーを与えます。
  5. 目標志向:「目標志向」の資質が高い人は、目標を定め、その目標に向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、そのとおりに行動します。

ストレングスファインダー2.0を受けた感想

10年前にストレングスファインダーを受けた時にも思いましたが、「とても良く当てはまる」という感想です。自分が得意なことをもっと得意にやりたいと思っているのは「最上志向」だし、技術書などを収集するのが趣味になっているのは「収集心」だし、会社などで目標設定するのが好きなのは「目標志向」です。

ストレングスファインダーは、分析しただけではあまり意味がないと思っていて、分析して分かった強みをどのように活用していくのか、今後の課題としたいと思っています。

ストレングスファインダーには認定コーチと呼ばれる方々がいて、ストレングスファインダーの分析結果を元に、より詳しく分析してくれたり、コーチングしてくれたりするらしいです。

tyunsuke-fufu.com

自分もGoogle検索でコーチングしてくれそうな方を探してみたりしましたが、なかなか見つかりませんでした。もしこの記事を見たストレングスファインダーの認定コーチの方がいらっしゃいましたら、詳しい分析をお願いしたいと思っていますので、ご連絡いただけますと嬉しいです。

まとめ

ストレングスファインダー、自分の強みを知ることができて楽しいので是非やってみてください!そして、分析するだけでなく、行動に結びつけていきましょう!自分もこれからやっていきます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

アンビエントノイズで集中力アップ。作業用BGMを再生するAndroidアプリ「Noisli」がオススメ!

f:id:ayb:20190408222003j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。作業用BGMに、種々の環境音を作ってくれるアプリ「Noisli」を使っています。音を出すアプリなので、自宅で作業をしている人やイヤホンを付けて作業ができる人向けです。240円の有料アプリですが、いい感じに集中できるので、投資するだけの価値はあると思います。

仕事中やリラクゼーションのためのバックグラウンドノイズや色を作り出します。高品質の環境音が、作業中での集中、不安の解消、瞑想やヨガのクラスのサポート、読書中や就寝前のリラクゼーションに役立ちます。

Noisli は、主に迷惑な騒音を消音し、より良く集中することにより生産性を向上させるために、またはリラックスや睡眠のための快適な音声環境を作る為に使用されます。

play.google.com

ライフハッカーでも紹介されています。こういった環境音を「アンビエントノイズ」と呼ぶらしいです。これは初めて知りました。ライフハッカーで紹介されている3つの定番アプリの一つが、今回紹介する「Noisli」になります。

Noisliは、16種類のサウンドループを流すだけでなく、自在にミキシングしたり、音量を適度なレベルに調節してくれたりします。好きな音の組み合わせを保存でき、タイマーを内蔵し、ウェブアプリにはシンプルで操作しやすいテキストエディタも付属しています。また、生産性を高めたりリラックスしたりできるよう、背景色が変化します。(出典: 注目を集めるアンビエントノイズ。特に人気のアプリ3種が頂上対決 | ライフハッカー[日本版]

Noisliはとても簡単に使えるので特に使い方の説明は不要だと思いますが、Lifehacking.jpさんに簡単な使い方が載っていたのでリンクしておきます。Noisliは、Lifehacking.jpさんもオススメのアプリです!

lifehacking.jp

Noisli、有料アプリですがとても良いです。集中力を向上したい方は是非使ってみてください!

play.google.com

ライフハックについて考えたり、ライフハックのためのAndroidアプリを紹介するライフハックブログを始めます

f:id:ayb:20190408214002j:plain

こんばんは。@okuzawatsです。素敵なドメインが取れましたので、ブログを「ライフハックブログ」と改めました。はてなブログプロです。独自ドメインです。

本ブログでは、便利なアプリやスクリプト、有益な書籍や開発しているアプリの紹介などを行っていきたいと思います。読者の皆様におかれましては、旧ブログに引き続き、よろしくお願い致します。

ライフハックって?

ライフハックとは、ウィキペディアによれば、

LifeHack(ライフハック)は、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群である。ハッカー文化の一つ。(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Lifehack

とされています。一言で言えば、人生における「ショートカット」のことであると理解しています。

本ブログでは、アプリやスクリプトなどによるライフハックや、ライフハックに関する書籍、考え方などを紹介することを通じて、ライフハック的な考え方を広めていきたいと思います。

あなたは誰?

私ことokuzawatsは、茨城県つくば市在住のスマートフォンアプリエンジニアです。普段はコードを書く仕事をしています。そういう仕事ですので、ハッカー文化とは割と親和性が高い位置にいるのではないかと思います。

私は、数年前に「GTD」というライフハック的な考え方に出会って、大げさではなく人生が変わりました。人生が加速していく、という感覚を味わいました。素晴らしい経験でしたが、もっと多くの人にも同じ感覚を味わって欲しいという思いも抱くようになりました。

決して、無理に押し付けるつもりはないのですが、「ライフハックすると人生が楽しくなるよ素敵だよ」という気持ちを少しでもシェアしていけたらいいなと思います。

作っているアプリって?

最高のToDoリストのアプリを個人的に開発しています。ToDoリストの活用はライフハックの中でも重要な考え方の一つだと思っているのですが、もっと多くの人にToDoリストを使ってもらいたいという気持ちから、このアプリの開発を始めました。

皆さんは、ToDoリストを使っているでしょうか?私はToDoリストをヘビーユースしています。ToDoリストは人生を劇的に加速します。ToDoリストにはそれくらいのパワーがあると思っています。

ですが、残念ながら、多くの人はToDoリストを活用していない状況にあるのではないかと思います。

私は、ToDoリストを活用する人がもっと増えれば、人類はもっと加速していけるのではないか、と密かに考えています。私は、多くの人がToDoリストを使っていない現状を非常にもったいなく感じる者です。もっと多くの人が、ToDoリストを活用して人生を加速させていく。Questを通じて、そんな世界を目指します。